diy

DIY

設計の段階から1つ1つの工程を丁寧に積み重ねて完成するDIY作品。そんなDIY作品の仕上がりを何倍も素敵にしてくれるおすすめの塗装を2つご紹介したいと思います。

仕上がりが何倍も素敵に!

テーブルをDIYした際に、塗装を施すことは少し手間のように感じて無塗装のまま使用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、その少しの手間を加えることで、DIYしたテーブルの仕上がりが何倍も素敵になることをご存知ですか?その何倍も素敵に仕上げてくれる塗料とは、オイルステインとBRIWAX(ブライワックス)です。この2種類は、DIYをされている方にとても人気のある塗料で、特に木目の雰囲気を残しつつアンティーク風な雰囲気が好みの方にピッタリです。もちろん、どちらか片方を単品で使うこともできますが、併用することで色の深みと高級感のあるツヤがうまれます。そこで、今回はこの2つの塗料を併用する使い方をみなさんにご紹介したいと思います。

オイルステインとBRIWAX(ブライワックス)の使い方

まず、木材の表面がざらざらとしている場合は、サンドペーパーを使って表面を滑らかに整えておきます。手でサンドペーパーをかけても構いませんが、サンダーがあると作業がとってもスムーズです。今後もDIYの塗装にBRIWAX(ブライワックス)とオイルステンを使い続ける方は、サンダーを一つ準備しておくと今後のDIYで塗装を施すさいにとても便利です。サンドペーパーをかけた後は、削った粉が木材にたくさん付着しているので、布で綺麗に落しておくことを忘れないようにしましょう。仕上がりをダメージ塗装にしたい場合は、塗料を塗る前に木材に傷を付けておきます。それでは、塗装していきましょう。最初に、表面を整えた木材にBRIWAX(ブライワックス)を塗る前にオイルステインを塗って下色をつけます。オイルステインには、下色としての役割の他に、塗料の吸い込みを抑えて塗装むらを防止するシーラーの役割もあります。オイルステインは、ウエス(いらない布など)でさっと表面を染めていく感覚で木目に沿って塗装していきます。一度塗装したら、5分ほど放置して、布で表面を拭き馴染ませていきます。次にBRIWAX(ブライワックス)を塗装していきます。BRIWAX(ブライワックス)もまずは布で簡単に塗装して、15分から30分間ほど放置して乾燥させてください。乾燥したら、たわしで磨いていきます。このとき、磨き残しがあると色移りの原因になるので、しっかりと磨いて色を定着させてましょう。最後に乾いた布で表面を拭きツヤを出したら完成です。

まとめ

今回は、DIYで作ったテーブルにおすすめのしたいオイルステインとBRIWAX(ブライワックス)をご紹介しましたが、いかがでしたか?これらの塗料を使ってDIYしたテーブルに塗装を施せば、少しの手間で驚くほど仕上がりが違ってきます。一度試したら、病みつきになってすべての木材を使ったDIY作品に塗装がしたくなってくること間違いありません。ぜひ、オイルステインとBRIWAX(ブイライワックス)を使って作品の仕上がりの違いをその目で見て確かめてみてください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
マスキングテープ
日曜大工人気
DIYで家具やインテリアを作るには、電動器具が必要だったり、塗装や釘打ちのテクニックが必要なんじゃないの? そう二の足を踏む人でも、気軽にD...
diy
日曜大工人気
目次1 シンクをピカピカにする2 水漏れ修理をDIY3 シンク前にタイルを貼る4 シンク下はカッティングシートを使って変身5 まとめ シンク...
日曜大工人気
ネットや雑誌などで話題になっているDIY。これからDIYを始めたいという人も多くいるでしょう。しかし、いざDIYをしようと思うとどのようにし...