DIY

台所に移動できるキッチン用の棚があるとたいへん便利です。
通常は流し台の上に置いて、流し台を広く使いたい場合は、移動させます。小さく軽い台所用の棚があるとたいへん重宝します。
そんな台所用の棚の材料を100均に買いに行き作りました。その作り方をご紹介します。

100均に行く

100均に行き早速DIY売り場に直行。材料探しです。
厚さ0.9㎝×幅15㎝×長さ45㎝ 材質は桐。軽いのが特徴です。棚板に使用します。
丸棒直径1.5㎝×長さ45㎝ 材質桐。脚に使用します。2本が1梱包になっています。
正角棒1.2㎝×1.2㎝×45㎝ 材質桐。棚板の滑り止めに使用します。3本で1梱包になっています。
ステンレス製割りピンは丸棒と桐板の固定に使用します。割りピンは規格2×30を使用します。
ステンレス製の割りピンが100均にない場合は、ホームセンターで購入できます。
棚の長さ45㎝幅15㎝高さ30㎝、2段の棚を作ります。

材料拾い

必要な材料は以下のとおりです。
桐板 厚さ0.9㎝×幅15㎝×長さ45㎝ 2枚
丸棒 丸棒直径1.5㎝×長さ45㎝ 4本
正角棒 1.2㎝×1.2㎝×45㎝ 6本
割りピン 規格2×30 16個
釘 真鍮丸頭 寸法#17×長さ19㎜ 36本

棚の製作に必要な道具

必要な道具は以下のとおりです。
ノコギリ
ハンマー
木工用ドリル 15㎜と、2㎜
切り出しナイフ、または、カッターナイフ
サンドペーパー

製作手順

棚の製作手順は以下のとおりです。

1 正角棒を45㎝4本、15㎝4本切ります。両端の同じ側の1点から45度で斜めに線を引きます。三角形の部分を削り落とします。三角形を削りとった形は台形になります。
2 板に、一で作った4つの正角棒を板の大きさに合わせて取り付けます。取り付けは板側から、長辺3か所、短辺4か所ずつ釘を打ち込みます。これを繰り返し、2枚の滑り止め付の棚板を作ります。
3 板の滑り止めなし側の4隅に辺から17㎜離して平行に鉛筆で線を引きます。線の交点を中心にして板の4隅に直径15㎜の穴を開けます。
4 丸棒4本を30㎝の長さに切ります。次に端から21㎜と、279㎜の位置に鉛筆で印をつけ、木工ドリルで直径2㎜の穴を開けます。
5 4本の丸棒に割りピンを差し入れ、先端を丸く折り曲げます。
6 滑り止め付の棚板に下から丸棒4本を差し込みます。丸棒の中心に向けて滑り止めから各辺釘1本ずつ打ち込みます。これを繰り返し、丸棒4本を固定します。これで一番目の棚板が固定されました。
7 丸棒の279㎜の位置に割りピンを差し入れ、先端を丸く折り曲げます。
8 二段目の棚板を載せます。
9 丸棒の中心に向けて滑り止めから各辺釘1本ずつ打ち込みます。これを繰り返し、丸棒4本を固定します。これで二段目の棚板が固定されました。
10 全体のささくれや角をサンドペーパーで削り、角は少し丸みを持たせます。

これでキッチン用の棚の完成です。

キッチン用棚を使ってみる

キッチン用棚が完成したら実際に使用してみましょう。
グラグラしていませんか。使い勝手を確認しましょう。
この棚は、調味料など軽いものを載せるものです。間違っても重いものを載せたり、乗ったりしないでください。材料材は桐を使用していますから、さほど強度はありません

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 キットハウスを使おう2 「ジョイパネ」を使った物置小屋3 塗装について4 まとめ キットハウスを使おう キットハウスとは、DIYで小...