DIY

植木鉢もDIYで作ることができます。植木鉢を自作することで一層植物への愛着もわいてきます。そんな植木鉢の作り方をご紹介します。

DIYで作る植木鉢の種類

木材を加工して作る植木鉢は円形型、正方形型、長方形型と作ることができます。
また、壁にかけられるように金属でフックを取り付けることもできます。
円形型の植木鉢は、樽を小さくした形のものです。
正方形型は小さなプラスチック製ゴミ入れみたい型になり、長方形型は市販のプラスチック製プランターの型になります。

植木鉢の作り方

・円形型の鉢
円形の植木鉢のDIYで作るには工夫を要します。樽を見てわかるように円形を形作るにはタガ(箍)が必要です。
タガの材料は、竹や、針金、金属バンドで作ります。入手のしやすさ加工のしやすさで選ぶなら、ステンレス製の針金が腐食しないので使用しやすいです。
作り方は作る鉢の大きさを先に決めて大きな紙に実際の寸法で展開図を書きます。
最初に鉢の底面と上面の大きさの円を紙に描きます。円形の形作る板の枚数を決めて円周の長さを枚数で割ります。
割った数字を基に、大きな数字が上辺長さ、小さな数字が下辺長さ、台形の高さは鉢のたかさで台形図を作ります。
台形図を基に板に必要枚数分型取りして切断加工をします。
切断後、台形の側面をカンナで角度をつけて削ります。削る角度は次の計算式で算出します。
削る角度=360度÷(板の使用枚数×2)
です。
底板は使用枚数の多角形になります。底板は切断後真ん中に穴を開けます。
外周の板の傾きに合わせて多角形の側面をカンナで削ります。台形の板を組み合わせ組み立て、外周を針金で巻きます。
針金が緩んで落ちないようにU字釘を打ち込みます。
底板を上から押し込みます。底板は側面に角度をつけてありますから鉢の外板をしっかり張り広げ固定されます。
正確には円形型というより多角形型植木鉢になります。

・正方形型植木鉢
正方形型植木鉢の作り方は、上記と同じで鉢の外販が4枚になり、外板同士を釘で結合できることです。

・長方形型植木鉢
長方形型は、正方形型の変形になります。作り方は正方形型の外板2枚を長くします。また水抜き用の穴をピッチ100㎜ほどで開けます。
また両サイドに足を付けると外板が直接床に触れることがなくなり、木材の腐食防止になりますから長持ちします。

植木鉢を長持ちさせる塗装

木材で植木鉢を作ると一番の心配は木材の腐食です。
腐食を防止するには木材を切断加工後組み立てる前に腐食防止や防虫効果のある木材保護塗料を塗布します。
塗料は2回以上塗り重ねします。これで毎日水掛けする植木鉢でも長持ちさせることができます。商品名ですと「キシラデコール」です。
塗装するときは、木材をしっかり乾燥させる必要があります。乾燥した木材の内部に塗料が浸透して木材を保護します。
透明なものから色もいろいろあり好みの色に仕上げることができます。塗料は刷毛を使用して塗布します。

まとめ

DIYでいろいろな形の植木鉢を作ることができ、木製の植木鉢で一番問題になるのが木材の腐食やシロアリなどの防虫対策です。
木材に木材保護塗料を複数回塗装することで長持ちさせることができます。
また、根腐れ防止のためには水抜き穴を開けておくことが必要です。
塗装色はいろいろありますから、好みの色を塗装して楽しむことができます。
植木鉢を壁に吊るすフックはステンレス製を使用し、植木鉢全体を支持するようにすると落下事故を防げます。

DIYでネジを止めるときには、ネジ穴(下穴)を先に開けるのが一般的です。そのため、ネジ穴(下穴)を開ける方法を知らないと、ネジをきちんと止めることができない可能性もあります。ここではそんなネジ穴の開け方についてご紹介します。

DIYでネジ穴を開ける道具 きり

ネジ穴(下穴)を開ける道具で最も一般的なものはきりです。きりにはその刃先の形で4種類に分かれます。きりの使い方は、きりの柄の部分を手のひらではさんで、くるくるもみながら穴を開けます。注意点は、真上からまっすぐ穴を開けることと、木材に対して垂直を保つことです。

三方きり

刃先の三方にギザギザが付いているきりです。2㎜~3㎜の穴を開けるのに適しています。木ネジのネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

四方きり

刃先が細くとがっているきりです。1㎜~2㎜の穴を開けるのに適しています。釘のネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

ネズミ刃錘きり

刃先に切り出しがありその切り出しで穴を開けます。少し大きめの穴でダボ穴のネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

坪錘きり

刃先がカーブしているきりです。刃の幅とカーブの度合いで開ける穴の大きさが異なります。大き目の穴を開けるのに適しています。

DIYでネジ穴を開ける道具 電動ドリル

電動ドリルは、ビットという刃を付けて、穴を開けます。ビットにはいろいろな種類があるので、開けたい穴にあったものを選びます。家庭用のものであれば、値段もお手ごろで、力を入れずに穴を開けることができ便利です。

電動ドリルの使い方は、ビットを板に対して垂直に立てスイッチをONにします。垂直に体重を乗せるように力を入れていきます。刃先が出たところで止めましょう。

DIYでネジ穴を開ける方法

では、DIYでネジ穴を開ける方法を見ていきましょう。まずは三方きりか3㎜のビットがついた電動ドリルを用意します。角材や板材にネジ穴(下穴)を開けますが、角材や板材の端にあまりにも近いところに穴を開けてはいけません。角材や板材が割れてしまう可能性があります。最低でも端から10㎜は離れたところにネジ穴を開けましょう。

また、止める方の角材や板材にも穴を開けておきましょう。止める方の角材が固かったり、板材が薄かったりする場合は、ネジを止めているときにうまく止めれなかったり割れてしまう可能性があります。

ネジの種類

角材や板材などを止めるネジにもいろいろな種類があります。木材でよく使うのは、木ネジです。木ネジは、らせんがネジの途中までしかないのが特徴です。頭部の刻みはプラスとマイナスがありますが、DIYでは力を入れやすいプラスのものを使うのが一般的です。

また、木ネジと大きさも同じでよく似ている小ネジもあります。小ネジはらせんはネジ全体についており、先がとがっていないのが特徴です。特徴はあまりなく、逆にいうとどこでも、どんな素材にも使えDIYに便利なネジです。

まとめ

今回は、ネジ穴の開け方についてご紹介しました。

ネジにはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。しかしどのネジを使ってもネジ穴(下穴)を開けてからネジ止めすることに変わりはありません。ネジ穴の開け方を習得し、さまざまなDIY作品に役立ててください。

DIY

おすすめの記事