庭

DIY

長椅子が庭などにあるとゆったりと座ることができ、のんびりとゆっくり寛げます。
2×4材を用いて作る長椅子の作り方をご紹介します。

長椅子の大きさを決める

つくる長椅子のスタイルは、公園で見かけるベンチ式です。
最初に長椅子の大きさを決めます。長椅子は2人がゆっくり座れる長さにします。
1人分の長さを60㎝とすると2人分で1m20㎝になります。座る座面の高さは40㎝。背板の高さは80㎝。座面の奥行は40㎝です。

この大きさで図面を描きます。図面が描けたら各部部材寸法を記入します。

前脚Aは、2×4材 長さ362㎜ 2本
後脚Bは、2×4材 長さ800㎜ 2本 Bは後で加工します。
座枠Cは、2×4材 長さ489㎜ 2本
貫Dは、2×4材 長さ489㎜ 2本
つなぎ貫Eは、2×4材 長さ1,124㎜ 1本
座板Fは、2×4材 長さ1,200㎜ 4本
背板Gは、1×4材 長さ1,200㎜ 3本

長椅子の部材寸法と数量は以上のとおりです。

長椅子の材料を拾う

材料を拾うと以下のとおりになります。

2×4×12F 3枚
1×4×12F 1枚
木ネジ ステンレス製皿頭半ネジ 4.2×75
木ネジ ステンレス製皿頭半ネジ 3.8×45

長椅子の製作手順

材料が揃ったら、以下の手順で部材を切断加工して、組み立てます。

1 2×4×12Fから、座板F4本を切り取ります。
2 つなぎ貫Eを1本切り取ります。
3 貫Dを2本切り取ります。
4 座枠Cを2本切り取ります。
5 前脚Aを2本切り取ります。
6 後脚Bを本切り取ます。
7 後脚Bを加工します。順番は最初に、400㎜の位置に鉛筆で線を引きます。
400㎜の間に対角線を1本引きます。
その対角線のところをのこぎりで斜めに切断します。
切断した三角形の破片を反転させて切り落とした側に木ネジを使用して固定します。
木ネジは表から3本、裏から3本ねじ込みます。
これで、後脚は座面からの上部が傾斜する形になります。
8 前脚と後脚を座枠Cと貫Dを用いて固定します。これを2組作りますが、両側の脚とも座枠Cと貫Dが脚A・Bの外側になるように作ります。各位置の固定は木ネジ4本ずつねじ込みします。
9 両側の貫Dをつなぎ貫Eで固定します。固定は片側木ネジ4本をねじ込みます。
10 両側の座枠Cの上に座板Fを4本のせ、隙間が均等になるように木ネジで固定します。
固定は片側2本ずつ木ネジをねじ込みます。
11 後脚に背板を3枚取り付けます。固定は片側2本ずつ木ネジをねじ込みます。
12 完成した長椅子のバリやささくれをとるために、サンドペーパー掛けをします。

長椅子の出来上がり確認

長椅子が出来上がったら、出来上がり具合を確認します。木ネジのねじ込み忘れがないか、木ネジの頭が飛び出していないか、ネジの締め込み不足がないか、確認します。
確認作業は大事です。

塗装は、好みで行います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
マスキングテープ
日曜大工人気
目次1 収納台を作る2 靴箱を作る3 マガジンラックを作る4 椅子を作る5 まとめ 収納台を作る すのこをカットして台の側面を作ります。脚の...
diy
日曜大工人気
お部屋の模様替えなどを行うDIY。雰囲気を変えたり、収納を作ったりいろいろなことを行います。でも壁に傷をつけたり、穴をあけたりするのが嫌なの...