DIY

壁のリフォーム

壁のリフォームには、コンクリートやざらざらした部屋の壁でなければ、カッティングシート(リメイクシート)が使えます。貼り方には「ドライ」と「ウエット」の2種類がありますが、手早くできるのはそのまま貼りつける「ドライ」です。カッティングシートを貼っていく前に、貼るところを刷毛などで掃除し、ほこりをとりましょう。シートの最上部を貼り始めたい位置にセットしたら、マスキングテープで固定します。

次にマスキングテープがはがれないように注意しながら裏の紙を10センチぐらいずつ剥がし、ゆっくり元の位置に戻していきます。そしてスキージーで左右に空気を逃がすように均しながら、重力に逆らわず上から下に少しずつ貼っていきます。最後に余った部分を定規、あるいは大きめの金属ヘラを使ってカットします。

キッチンのリフォーム

シンクの水漏れ修理に必要なものは、コーキング剤です。プロは固いパイプタイプの容器に入っているコーキング剤をコーキングガンに取り付けて使いますが、一般の人にはなかなか扱いが難しい代物で、しかも使いきれなかったコーキング剤は時間が経つとだんだん固まってしまいます。そこで少量のチューブタイプのコーキング剤がおすすめです。

キッチンの壁にはタイルがいいアクセントとなります。モダンでかわいいキッチンに変身させてみましょう。シール式で簡単に貼れ、種類やカラーのバリエーションも豊富なので、自分好みのキッチンに変身させることができます。コンロ下・シンク下の収納部分やレンジフード、冷蔵庫にカッティングシートを使っても、雰囲気を変えることができます。

洗面所のリフォーム

洗面所のリフォームには、モザイクタイルがよく合います。まず貼りたい範囲に合わせてタイルのネットを切ります。ネットはハサミで簡単に切ることができます。1枚のタイルでは大きい場合はタイルをタイルカッターやニッパーなどでカットする必要があります。またマスキングテープを貼り、施行箇所以外に接着剤がつかないようにしておきます。次に接着剤を塗布し、クシ目ゴテを使って均一にならします。細かい部分にも注意して接着剤が行きわたるようにします。そしてタイルを貼っていきます。タイルの四隅を圧着させます。タイルが動かなくなるまで充分乾燥させます。1日くらい時間をみたほうがいいでしょう。

仕上げに目地材を作り、タイルの目地に目地材を押し込むようにして塗り込んでいきます。目地材を塗り終ったら、スポンジで余分な目地材を拭き取ります。マスキングテープをはがし、タイル表面をきれいに拭いて完成です。

あるいはタイルシートを貼うという手もあります。タイルシートは裏紙を剥がして、軽く押しつけるだけで簡単に貼ることができます。目地に注意しながら方向を間違わないように貼っていきましょう。またシートとシートの間も上手く貼れば、つなぎ目がわからないようにすることができます。必要に応じてシートをカッターなどで切って長さを調節しましょう。シートによっては、仕上げに目地シールを目次の部分に埋め込んで完成です。

まとめ

今回は、DIYでの家のリフォームについてご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回ご紹介した壁、キッチン、洗面所、又それ以外でもさまざまなリフォーム手段があり、家のリフォームは奥深いものです。自分がよく手をかけた家に住むのは楽しいものですね。DIY初心者の方もやりやすいものから徐々に取り組んでいただければと思います。

DIY

おすすめの記事