DIY

家にある庭。できることなら自分の趣味に合ったものにDIYしたいもの。ウッドデッキだったり、ブロックのデッキ、タイルなどいろいろな材料がありますが、アンティーク風にしたいなら、レンガがオススメです。レンガを敷くだけで趣のあるアンティーク調にすることができるほか、いろいろな効果があります。

ここではそんなDIYで庭にレンガを敷く作業手順についてご紹介します。

用意するもの

まずは、DIYで庭にレンガを敷くときに用意するものから見ていきましょう。

レンガ

レンガは大きさなどの種類が多くありますが、ホームセンターなどで市販されている汎用品を用意します。通常1㎡あたり40個~50個程度必要といわれています。特にレンガを敷く土地の端の部分がレンガのサイズと合わない場合は、カットするなど加工が必要なため、少し多めにレンガを用意した方が良いでしょう。

砕石、コンクリート

レンガを敷くためにはその土台を強固なものにする必要があります。そのために、砕石とコンクリートを用意しましょう。

目地砂

目地砂は、レンガとレンガの間に入れ込む砂のことです。

シャベル

ジョレン

ジョレンは土を平らにする道具です。レンガを敷く場合重要なのが水平を保つこと。ジョレンは絶対必要ということはありませんが、あれば便利です。

ゴムハンマー

接着剤

水平器

水平器は水平を測る道具です。これもあれば便利な道具です。

DIYで庭にレンガを敷く手順

では、DIYで庭にレンガを敷く手順を見ていきましょう。

基礎づくり

庭にレンガを敷くまえには、基礎づくりが必要です。この基礎づくりをするかどうかで、レンガ強度が変わります。いわゆる下地ですね。まずはレンガを敷く土の上に、砕いた石を敷き詰めます。

ある程度水平になるように砕いた石を敷き詰めたら、その上にコンクリートを流し込みます。コンクリートをジョレンなどで水平になるようにしましょう。水平にならしたら乾くまでそのままにしておきます。

接着剤を付ける

コンクリートが水平に固まったら、そこにレンガを貼るための接着剤を付けます。接着剤は市販のレンガ用のものでもよいですし、モルタルを使っても良いです。レンガは水平にしないといけないので、接着剤も水平にする必要があります。

レンガを貼る範囲が狭い場合は、接着剤を使います。基礎にそのまま接着剤をつけても良いですし、レンガの裏につけても良いです。レンガの裏に付ける場合は薄く塗りできるだけ水平を保つようにします。範囲が広い場合は接着用のモルタルを同じ厚さで塗りこみましょう。

レンガを貼る

接着剤をつけたら、いよいよレンガを張っていきます。このときに注意することはやはり水平です。レンガに凸凹がある場合は、出っ張っているレンガを、ゴムハンマーでたたいて水平にします。レンガが割れないようにタオルや布などをレンガにかぶせ、その上からトントンとリズムよくたたいて水平にすれば完成です。できれば水平器などで水平かどうか測りましょう。

まとめ

今回は、DIYで庭にレンガを敷く作業手順についてご紹介しました。

レンガを貼ると、庭がアンティーク調に生まれ変わります。レンガを敷くために用意するものは、ほとんどホームセンターで手に入りますし、作業手順もそんなに難しくありませんね。

ネットや雑誌などで話題になっているDIY。これからDIYを始めたいという人も多くいるでしょう。そんな時は100均の商品を使ってDIYしてみましょう。
最初に作るには箱が最適です。箱はDIYの基本をマスターするのに最適ですしちょっとした収納に使えます。ここではそんな箱の中から100均商品を使ってメイクボックスをDIYする方法についてご紹介します。

100均商品を使ったメイクボックスのDIY

では、メイクボックスの基本のDIY方法を見ていきましょう。DIYの基本の作り方をマスターするのに最適なのは、箱つくりです。ここではメイクボックスの作り方をご紹介します。

<100均商品のDIYメイクボックスの作り方>
(1)長さをはかる
DIYではまず初めに、長さをはかりメイクボックスの大きさを決める必要があります。メイクボックスを作るときにはかる長さは、もしメイクボックスを棚などに収納するのであれば、そのメイクボックスを収納する棚などの長さと、作った目木ボックスに入れるものの大きさです。そのメイクボックスを収納する棚などの長さをはからないとメイクボックスをしまうことができません。また中に入れるものより小さいメイクボックスを作るとそもそも意味を成しません。このようにDIYのメイクボックスつくりでは長さや大きさをはかることが重要です。長さはメジャーを使って測ります。

(2)材料を購入する
長さが分かれば、メイクボックスを作る材料である板材の大きさが分かります。箱は上の天板、底の底板、四方の横の側板の6枚の板からなります。上の天板をつけるときは開くようにしないといけないため、まずは上の天板がないメイクボックスを作りましょう。
材料は100均で購入します。板の種類はいろいろあり、作りたい箱の厚さや大きさで選びましょう。また木材はのこぎりを使って切断します。当然のこぎりも100均で購入できますよ。使い方は、まず板にのこぎりで切れ込みをいれ、あまり力を入れず、のこぎりの重さで切るようなイメージで切断しましょう。
板を組み立てるために、次のものも100均で用意しましょう

接着剤、ネジ、ドライバー、きり、マスキングテープ、やすり又はサンドペーパー、水性塗料またはニス、仕切り板

(3)組み立てる
材料がそろったら、いよいよ組み立てです。今回は天板はなしでそれ以外の5枚を組み立てます。板材がケバ立っているときは、やすりやサンドペーパーをかけます。
まずは、それぞれの板に接着剤をつけ、組み立てます。最終的にはネジで留めます。その前に接着剤で仮止めします。ネジを留めるときに動いてはいけないので、接着が弱い時は、マスキングテープを貼りましょう。ネジを留めるときは底板から留めます。ネジの数は決まっていませんが、4スミとその間に1つずつ留めるのが一般的です。ネジはゆっくり留めていきます。早く留めたり力を入れたりすると板が割れることがあるので注意しましょう。
メイクボックスの中には仕切り板を入れます。仕切り板も100円ショップなどで販売しているのでべんりですね。この仕切り板があることで、メイク道具を分けて収納できます。
ネジで留めた後も板材がケバ立っているときは、やすりやサンドペーパーをかけます。

(4)水性塗料でペイント
組み立てが終わったら、好きな色の水性塗料でペイントしたり、ステッカーやシールを貼れば、オリジナルの箱が出来上がりです。少なくともニスを塗りましょう。ニスを塗ると
汚れにくくなるだけでなく、耐久性もあがります。もちろんステッカーやシールも100均で購入します。

まとめ

今回は、100均の商品を使ったDIYメイクボックスの作り方をご紹介しました。DIYの基本は長さや大きさをはかり、材料を用意し組み立てるです。もしDIYを始めることを迷っている場合は、ぜひ1度メイクボックスつくりからチャレンジしてみてくださいね。

DIY

おすすめの記事