庭

夏の暑い時期、エアコンをかけてもなかなか室温が下がらないという経験はありませんか? いくら部屋の中を冷やしても、窓から射し込む太陽の日差しがエアコンの効果を打ち消してしまいます。今回はDIYで設置できる簡単な日よけをご紹介します。

サンシェードをDIYで設置して日よけにする

昔から日本には簾(すだれ)や葭簀(よしず)といった日よけがありました。簾は竹や葦を編んだもので、軒下に吊るすもの。葭簀は立てかけて日よけにするものです。純和風の家なら簾や葭簀もいいですが、マンションや洋風の戸建だとアンマッチ。手軽な日よけとしてオススメなのが、サンシェードです。

サンシェードは洋風の葭簀ともいえるもの。大きな布で窓やテラスを日光から守ります。色やデザインが豊富で、建物の雰囲気に合わせて選べるのもいいですね。
長方形の布のうち、上の2か所をサッシの枠や家の外壁に金具で固定し、下の2か所を地面か錘に固定します。

上部取り付け金具

サッシ取付金具

サッシの枠にネジで締め付けて固定する金具

マグネットタイプの金具

シャッターボックスなどマグネットが貼りつく部分に使います。つけ外しが簡単にできて便利

ジェルタイプの金具

コンクリートや外壁のデコボコ面につける金具。金具の裏にジェルタイプの接着剤がついていて、ライターなどで溶かして貼り付けます。

下部取り付け部品

取り付け用バンド

ベランダの手すりなどに固定するためのもの。結束バンドと形状が似ていますが、結束バンドが緩めたり閉めたりの調節ができないのに対し、このバンドは何度でも調節することができます。

重量ブロック・マルチウエイト

ひもを取りつけられる金具があるタイプのものを選ぶと、サンシェードの下部を固定することができます。水や砂を中に入れて重りにするマルチウエイトは、使わないときは中身を抜いて収納できるので便利です。水や砂を中に入れて重りにします。使わない時は水を抜いて小さくなるのでオフシーズンに場所をとらず、コンパクトに収納できます。

ペグ

テントを張る時に使用するもの。庭にサンシェードの下部を固定する場合はペグを使うと便利です。

DIYで簡単!日よけ(サンシェード)の取り付け方

サッシの窓枠に取り付ける場合を紹介します。

  1. サッシ取付金具をひとつつける。
  2. サンシェードの上辺にあるリングを金具に通す。もう一つのリングをまだ取り付けていないサッシ取付金具に通す。サンシェードをピンと張って金具の取り付け位置を確認してから、もう一つの金具も固定する。
  3. サンシェードの角度を調節する。斜めに張りたい場合は、窓よりも長いサンシェードが必要なので注意する。下部はベランダの手すりや格子に固定するなら取付用バンドをサンシェードのリングに通して固定する。地面に設置するなら、重量ブロックやマルチウエイトのひもつけ部分とサンシェードのリングをひもで結びつける。

DIYで日よけを設置しよう まとめ

日よけを設置するのは比較的簡単なDIYです。快適な夏を過ごすために、日よけを設置してみませんか? 日よけの設置や家の中に風の通り道をつくるなど、ちょっとした工夫でお財布にも環境にも優しい夏の過ごし方が実現しますよ。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
古くなって傷が目立ってきてテーブルや使わなくなったテーブルが、どこの家でも一つはあると思います。また、そのテーブルが、もう少し高さがあればと...