ドリル

DIY

DIYで木材を結合するとき、最近よく木ネジが使用されています。木ネジは皿頭の半ネジタイプのコースレッドなどいろいろ市販されています。
木材を木ネジで結合するとき、特に薄い板材や木口(木材の切断面)近いところで木ネジを使用するときは下穴を開けてから木ネジを使用するのが一般的です。
下穴を開ける目的と開け方をご紹介します。

ネジ下穴の目的

木材を釘や木ネジで結合するとき、下穴を開けてから、釘や木ネジを使用します。
その理由は、下穴を開けないで薄い板に木ネジをねじ込むと、木ネジが真っ直ぐ入らずに脇から飛び出したり、割れたりすることがあります。
また、木口に近いところで木ネジを使用すると木口に割れが生じることがあります。
事前に材料に下穴を開けておくと、木ネジの飛び出しや割れの発生を防ぐことができます。
材料に下穴を開ける目的は、飛び出しや割れ防止が目的です。
木ネジには、全ネジと半ネジがあります。全ネジは頭部を除いた部分の全長がネジになっているもの、半ネジは頭部の下部の一部がネジ無しで残りの部分がネジになっているものです。
下穴を開けないで全ネジを使用して接合する木材間に隙間が生じることがあります。
これは、ネジの先端と根元のネジの径が違うので、ネジを一回転させるときネジが掘り進む長さの違いによって起きる現象です。
この現象は、上に置いた固定される側に下穴を開けておくことで防止できます。

ネジ下穴を開ける道具

下穴を開ける道具には、錐、手回しドリル、電動ドリル、ボール盤などがあります。
錐は木製の丸棒の先に先の尖った細い鉄を取り付けた物です。手回しドリルや電動ドリル、ボール盤は、ドリル刃の大きさを交換できるようになっています。
ボール盤は、ドリルで穴を開ける専用の工作機械で、ハンドルでドリルを上下できるようになっているので、一番正確に穴あけと穴の深さの調整がスムーズにできます。
下穴の大きさ
木ネジを使用する場合、固定する側の下穴は釘や木ネジの大きさより小さい穴を開けます。
開ける穴の大きさは、使用するネジの直径の70%以下にします。例えば呼び径5㎜の木ネジを使用する場合、開ける穴の大きさは
開ける穴の大きさ=使用するネジの径×0.7
        =5×0.7
        =3.5(㎜)
開ける下穴の大きさは、3~3.5㎜にします。
下穴が使用する材料の径に比べて大きすぎると固定に必要な摩擦力が得られなくなり、しっかり固定できません。抜け落ちる恐れがあります。
固定される側の下穴の大きさは、木ネジの径と同じ大きさにします。

ネジ下穴の開け方

薄い板材や木口に近いところに下穴を開ける場合は注意が必要です。特に薄い板材の場合は、板のセンターに下穴を開けます。
またドリルの刃が直進するようにしっかり固定させてから穴を開けます。
釘や木ネジを固定する側と固定される側の両方に下穴を開けることで薄い板や木口に近いところでも割れを防ぐことができます。

まとめ

DIYで木材の結合するとき木ネジは、よく使用されます。
薄い板や木口に近い位置での使用は、事前に下穴を開けることで木ネジの飛び出しや割れを防ぐことができます。
多少手間でもしっかり下穴を開けてから木材の結合を行うときれいな仕上がりになります。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
ペンキ
日曜大工人気
日本では5月の第2日曜日が母の日となっていますが、何をあげればいいのか分からないという方も中にはいらっしゃると思います。そんなときは普段お世...
diy
日曜大工人気
縁台キットを使う 一から材料をそろえて縁台を作るのには手間がかかります。DIYで作ろうかなと思ってもどうしても敷居が高く感じてしまいます。そ...
diy
日曜大工人気
目次1 ウッドボックスを使う2 アイロンビーズを使う3 ペットボトルを使う4 まとめ ウッドボックスを使う 100均で売っているウッドボック...