diy

DIY

椅子の張り替えに必要なものは?

椅子が古くって、カバーがやぶれてしまったり、中のクッション(ウレタン)が弱くなってきたりした場合、業者に張り替えを頼むとけっこう費用がかかりますよね。そこでDIYでの張り替えにチャレンジしてみましょう。椅子の構造はそれほど複雑なものではなく、張り替えも意外と簡単にできるものと思われます。

椅子の張り替えに必要なものは、①張り替え生地、②ウレタン、③タッカー、④裁ちばさみ、⑤ドライバーまたはニッパーです。①~③がセットになった椅子張り替えキットも売られています。①は着なくなった古着や使わなくなったカーテンなどを再利用することもできます。

実際に張り替えてみましょう

張り替えるには、まず椅子をひっくり返し、座面をとりはずします。六角レンチやドライバーなどを使ってとりはずしますが、ネジ頭をつぶさないように注意します。次に座面のカバーをとりはずします。カバーはタッカー留めされていますので、それをマイナスドライバーやニッパーで取っていきます。次に新しい座面を作っていきます。新しいウレタンの上に座板を乗せ、座板より1センチほどはみだすようにして、裁ちばさみでウレタンをカットしていきます。張り替え生地、ウレタン、座板の順番に重ねて置きます。次に生地を張っていきます。四隅から張っていくのがよいでしょう。ウレタンの反発があるため、しっかり体重をかけて抑えながら、タッカー留めしていきます。生地が張り終ったら、表面のしわなどを確認し、余った生地をカットするか、あるいは裏生地をタッカー留めするという方法もあります。最後にドライバーなどで座面を椅子に取り付けて完成です。

おすすめ張り替え生地

■シンコール「オールマイティー」

オールマイティーは、汚れにくく抗菌性もあって機能性に優れたビニールレザーです。カラーバリエーションは108色と迷ってしまうほど豊富です。価格は1mで1,380円、10cmで138円です。

■シンコール「コラル」

コラルは、柄がなく飽きが来ないプレーンな生地です。カラーバリエーションは25色となっています。価格は1mで2,770円、10cmで277円です。

■サンゲツ「プレーン」UP2087-2090

UP2087-2090は、シックで落ち着いた汚れに強い生地です。組成はアクリル82.2%、ポリエステル17.8%。カラーバリエーションは4色となっています。価格は1mで3,480円、10cmで348円です。

■銀河工房「GT-X」

GT-Xは、難燃性のある無地でおしゃれな合皮生地です。カラーバリエーションは28色となっています。価格は10cmで129円です。

まとめ

今回は、DIYで椅子を張り替える方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 張り替えに難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。椅子の構造は張り替え生地、ウレタン、座板とシンプルなものです。自分好みの張り替え生地を用意し、自分で張り替えを行えばきっと満足感のあるものが出来上がるでしょう。張り替えキットも販売されていますので、張り替え初心者の方はそこから入っていってもいいでしょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 リメイク2 家具のリメイク3 ジーンズのリメイク4 まとめ リメイク 一からオリジナルなものを作り出すのは大変ですよね。そこで今ある...