DIY

洋服は自然に増えて行きます。住んでいる住宅や部屋によって違いがありますが
クローゼットのついていないところもあります。こんなとき現在の使い方を工夫することで洋服収納を増やす方法がありますので、ご紹介します。

洋服収納方法

洋服の収納は、洋服を吊るす方法と、洋服をたたんで収納する方法があります。洋服を吊るして方法は、洋服タンスやクローゼットがあります。新たに部屋の中に洋服タンスを置くと部屋が狭くなります。

押入れを利用した洋服収納

使用している部屋の空間を狭めることなく洋服を収納する一つの方法として押入れの利用があります。押入れは機能的にはクローゼットと同じです。洋服を吊り下げる用具がついていないだけで、扉や引き戸、襖がついていますので、ホコリの心配もありません。

・押入れの利用方法の一つ目は、押入れの中に洋服を吊り下げるための棒を取り付け、クローゼットのように活用します。
棒の取り付け方法は、押入れの天井を利用します。

天井に野縁があれば直接金属製のアイプレートを取り付けます。アイプレートには洋服の重量がかかりますから、取り付けには長めの木ネジを複数使用します。アイプレートにフックを取り付け、棒を水平に渡します。これで洋服を棒に吊るすことができます。

野縁が見えない場合は、野縁を見つけます。
見つけ方は金槌などで天井を軽く叩くと音が変化するところがあり、そこを手で押し上げてたわまなければそこが野縁の位置です。
ここに天井の上下を利用して柱を作ります。柱の取り付けには2×4材と「ディアウォール」や「ピラーブロック」を利用します。上下の支点に圧力を加えて柱が動かないようにして柱を固定します。

「ディアウォール」は、樹脂製で上下のセットになっていて2×4材の上下に差込み使用します。上の部分にバネが入っていてバネの力によって支点に圧力を加えています。また、商品によってはネジを回して突っ張るタイプもあります。

「ピラーブロック」は、金属でできていて2×4材の柱の上部に差込み使用します。「ピラーブロック」に取り付けてあるネジを回すこと支点に圧力が加わりしっかり柱が固定されます。

2本の柱ができたら、柱に棒を水平に固定します。固定方法は木ネジを使用して取り付けができる金属性のフックを取り付けます。フックに棒を渡すと、ハンガーが吊るすことができ洋服を収納できます。

・二つ目は、押入れの中に棚を作ります。棚として市販のカラーボックスを使用する方法もありますが、DIYでも簡単に作れます。棚に市販の折りたたみ式収納バックを収納できるように作ると便利です。

作り方は、1×4(18㎜×89㎜)材を使用して作ります。棚の横幅は押入れの幅に合わせます。棚の奥行きを450㎜にすると市販の折りたたみバッグを奥行き方向に長く収納できます。棚の高さは2段にします。

例えば一間幅の押入れですと、両側に壁ぴったりと真ん中にいた壁を立て、壁に棚板を載せる横桟を取り付け、横桟に棚板を載せ固定します。柱のピッチは900㎜ほどにすると丈夫にできます。

まとめ

押入れの中にハンガーを吊るせるように棒を取り付けや、たたんだ洋服を型崩れしないように棚を作ると、洋服を取り出しやすいように収納できるようになります。
棒の取り付けや棚の取り付けはDIYで簡単にできます。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工
日曜大工人気
家具や棚などを組み立てるDIY。多くの場合、仕上げに塗装します。どうせならいろいろな塗料を使いたいところ。塗料の種類を知っておけば、どんなD...
diy
日曜大工人気
目次1 ウッドボックスを使う2 アイロンビーズを使う3 ペットボトルを使う4 まとめ ウッドボックスを使う 100均で売っているウッドボック...