DIY

DIY

ルータもトリマーも、木材の面取りやほぞづくり、溝切り、切断ができる電動工具で、あればたいへん便利で、溝切りや面取り作業が簡単に短時間でできる道具です。ルータやトリマーの特徴と使い方をご紹介します。

ルータとトリマーの特徴と違い

ルータもトリマーも基本的な機能の違いはありません。溝切り、面取り、ほぞ作りができます。
ルータとトリマーの違いは、モーター出力と形状、重さの違いです。
ルータのほうが出力と形状が大きく重さもあります。作業時は両手で持って作業します。トリマーのほうは出力が小さく形状も小さく軽いです。軽いので片手で持って作業ができます。どちらも高速回転します。
構造は、モータ軸の先端にコレットナットが取り付けてあり、コレットナットでビットを固定しています。ビットは溝切り用と面取り用があり交換できます。面取り用は、刃先が直線になったものと曲面になったものがあり目的によって使い分けます。
ルータのビットの軸径の大きさは8・12㎜、トリマーのビットの軸は6㎜が主体です。

ルータとトリマーの使い方

ルータとトリマーの使い方は、ほぼ一緒です。
ビットの交換作業は、モーター軸のコレットナットを外して行います。モーター軸を固定してナットを外すと、ナットの内側がチャックになっていて、使用するビットを差込み、モーター軸を固定してナットを締めこみます。
木材の加工作業は、電源にコンセントを差し込みます。加工位置をきめたら、ルータやトリマーのベースをしっかり固定して手元のスイッチをいれて作業を開始します。
ルータは両手を使用して、トリマーは片手で、溝切りや面取りを行います。
作業時は、加工される材料がしっかり固定される必要があり、床など動かないものはそのままの状態で加工できますが、小さなものは作業台にクランプなどでしっかり固定します。ビットの高速回転による木材の動きが抑えられるので安全に作業することができます。
作業が終わったら手元のスイッチを切ります。モーターの回転がとまってから材料からルータやトリマーを取り除きます。
ルータやトリマーを使用するとき、作業時は削りくずが飛び散るので、薄手の皮手袋、保護メガネ、マスクを着用します。軍手は布地が厚くて巻き込みなどありますから、皮手袋がおすすめです。
溝切りするときは、一回あたりの切り込み深さは2~3㎜にして、必要な深さまで数回に分けて行うようにすると、溝面もきれいに仕上がり、ビットの寿命も長く持ちます。
溝に生じた木材のバリはサンドペーパーで削りきれいにします。
面取り加工をするときは、面取りする材料をルータやトリマーの進行方向の左側に置きます。こうすると安全に効率よく作業できます。

まとめ

ルータもトリマーもあればとても便利なものです。溝切りもノミを使用しての作業時間に比較して大幅に短縮できます。トリマーを使用すると飾り枠も簡単にきれいに仕上げることができます。
使用時の注意点は、電動工具ですから、使用時以外電源をコンセントから抜いておくようにします。
特にルータの替え刃交換やトリマーのビット交換は、コンセントに差し込んだ状態で行うことは、厳禁です。
便利な道具が凶器になりますから、電動工具は安全に使用しましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 スツールの作り方2 ベンチの作り方3 おすすめガンタッカー4 まとめ スツールの作り方 スツールを作るのに必要なものは、①座面用木材...
マスキングテープ
日曜大工人気
壁と壁の間に渡して洗濯物を室内に干したり、洋服をかけて収納したりして使う突っ張り棒。簡単に付け外しができ、しかも取り付けるのにくぎやネジをつ...
diy
日曜大工人気
目次1 サイズ表記の見方2 CADでの図面作成3 主なCADソフト4 まとめ サイズ表記の見方 家具のサイズの項目は、基本的に以下のアルファ...