DIY

無垢材で作った家はかなり長い間木の香りが続きます。
壁や天井は特に塗装は必要ありませんが、外壁はしっかり塗装します。床は無垢のままがよいのか、塗装する方がよいのか迷うところがあります。
しかし、床の汚れを防止するには塗装が望ましいです。
DIYで無垢材の外壁や床を塗装するときの塗料の選び方と塗装方法をご紹介します。

木材用の塗料

木材を塗装する塗料は、2つのタイプがあります。
一つは木の表面に塗膜を作るタイプです。ウレタン塗料やUV塗料です。
UV塗料は、紫外線によって低温でも短時間に塗膜が硬化する塗料です。
合板の塗装によく使用されています。

もう一つは、木の内部に塗料が浸透していくタイプです。
オイルフィニッシュ塗料と木材保護塗料の2種類があります。
オイルフィニッシュ塗料は、エゴマやアマ、紅花などの種子から採れるオイルや、蜜蝋と亜麻仁油が主成分の蜜蝋ワックスがあり、植物系の自然塗料です。
木材保護塗料は屋外用で防腐・防カビ・防虫防腐効果があるものです。

塗料の長所と短所

塗料はそれぞれ長所と短所を持っています。

ウレタン塗料やUV塗料の長所は、乾燥すると木の表面の塗膜が硬化し木材を保護することができ、水などを弾く効果があります。耐水合板などの塗装に使用されています。
しかし、長時間水を放置するとしみ込むので床などの水のふき取りは欠かせません。
短所は硬化した塗膜が椅子などをひきずると傷つき白く傷跡が残ることがあります。

オイルフィニッシュ塗料の長所は、原料が天然植物由来ですから安全性が高く安心して屋内でも使用できます。
塗料は木材の中に浸透していますので、椅子を引きずって白い傷はつきません。
しかし、木の表面に引っ掻く傷が付くことはあります。周囲をサンドペーパーなどで削ることで傷を目立たなくすることができます。
短所は、ウレタン塗装に比較して水がしみ込みやすいことです。

無垢材を塗装する

塗料の長所や短所をご紹介しましたが、無垢材の塗装にはオイルフィニッシュ塗料を使用します。

屋外で使用する無垢材の外壁は木材保護塗料を使用します。木材保護塗料は防腐・防カビ・防虫効果があるので、外壁の塗装に最適です。
透明仕上がりの塗料を使用すると無垢材の特徴である木目などの木の美しさを表現できます。塗料が木の内部に浸透していきますから、塗料の膨れや剥がれも生じません。

屋内の床面などは、天然油脂のオイルや蜜蝋ワックスを使用します。
仕上がりはしっとり感があり、木目もしっかり浮き出て、木本来の美しさが出てきます。
塗装は、刷毛を使用し、DIYでもできます。
屋外で使用する無垢材は塗装してあっても紫外線の影響を受けていきます。経年劣化によって塗装表面の白化や、ひび割れが発生します。そのような状態になる前に同じ塗料で塗り替えるのが理想的です。
地域による太陽光線量の違いもありますが、5年間に1回塗り替えるのが普通です。

まとめ

DIYでも問題なく無垢材を塗装できます。
使用する塗料を吟味し、その塗料がもつ特徴である長所が活きるような使い方をすることが大切です。
塗装することで、無垢材をきれいな状態を長く保つことができます。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
ママ友が家に遊びに来たときや、子供のお誕生日会、親せきがお遊びに来たときなどは、普段とは少し違う道具でおもてなしをしたいと思います。調味料な...