ペンチ

DIY

お部屋の1角やちょっとしたところを仕切りたいときに便利なのが衝立。既製のものを買っても、部屋のスペースと合わない! 仕切りたいところにピッタリの衝立がない! そもそも衝立って高い! そんなお悩みを持っている人におすすめしたいのが衝立のDIY。とても簡単に衝立を作れます。

ここではDIYで簡単にできる衝立の作り方をご紹介します。

すのこを使って、衝立をDIY

お部屋の1角を仕切る場合など少し大きめの衝立をDIYするときは、すのこを使うのが最適です。

すのこは複数本の角材の上に、薄い木の板を何本か渡して釘で固定したものです。湿気や水分に強く、押入れの床に敷いて、布団を収納するときに湿気がこもらないようにしたり、風呂場に置いて足を滑らせないようにしたりするものです。

長さのバリエーションのほか、4枚板や8枚板など、使われている板の枚数もいくつか種類があります。バリエーションが多いので、自分の好きな衝立を作ることができます。

用意するもの

  • すのこ…部屋の大きさに合わせて枚数を用意します。高さが足りないときは縦に、幅が足りなときは横につなぎます。
  • 蝶番、留め具
  • ネジ、釘
  • ドライバー、とんかち

DIY衝立の作成手順

すのこを縦につなぐ

長さが足りないときは、すのこを縦につなぎます。縦につなぐときは、留め具を使いましょう。留め具は細長い丸や四角のもので、両端に穴が開いており、そこにネジや釘を通し固定するものです。上のすのこに留め具の片方の穴を留め、下のすのこにもう片方の穴を留めれば2つのすのこが縦につながります。

すのこを横につなぐ

すのこを横につなぐときは、蝶番を使うとそこで折り曲げることができるので、開閉式のものができ便利です。蝶番の片方を1つのすのこに釘やねじで取り付け、もう片方をもう1つのすのこに取り付けます。注意点は蝶番はかならず水平に付けることと、蝶番の真ん中がすのことすのこの間にくることです。

ペイントや飾り付け

このままでも衝立は完成ですが、好きな色にペイントしたり、すのこのよこの木材に写真などを飾り付けたりするとおしゃれな衝立の完成です。

ワイヤーネットを使って衝立をDIY

ちょっとしたスペースを仕切る場合など少し小さめの衝立をDIYするときは、ワイヤーネットを使うのが最適です。ワイヤーネットはワイヤーを網目状にしてネットにしているものです。

用意するもの

  • つっぱり棒
  • ワイヤーネット
  • ひもまたは結束バンド
  • フック
  • かごやホワイトボードなど

DIY衝立の作成手順

つっぱり棒を渡す

ワイヤーネットの衝立はつっぱり棒につけるて使うのが基本です。場所に応じてつっぱり棒を縦や横の渡しましょう。

つっぱり棒にワイヤーネットをつける。

ワイヤーネットをつっぱり棒に付けます。ひもでくくったり結束バンドで付けましょう。ひもだと時間とともに緩むこともあるので、結束バンドのほうが良いでしょう。

ワイヤーネットにかごやホワイトボードを付ける

ワイヤーネットをつっぱり棒に付けたら、フックでかごやホワイトボードを付け完成です。かごやホワイトボードを付けることで、手前から衝立の向こうを見えないようにします。

まとめ

今回は、DIYで簡単にできる衝立の作り方をご紹介しました。すのこで作る大きな衝立とワイヤーネットで作る小さな衝立があります。用途に応じて作り分けてくださいね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工人気
間仕切りとは、建物の部屋を仕切ること,またはその仕切りのことを言います。生活をしていると、子供部屋や仕事場などいろいろな部屋が必要になること...