DIY

ライフスタイルに合わせて子供部屋や仕事場などいろいろな部屋が必要になることも多いです。しかし、部屋を増やすといってもスペースには限りがあります。そんなとき、間仕切り壁を作って部屋を仕切ることができれば便利ですよね。実はDIYで簡単に間仕切り壁を作ることができるんです。ここではそんな間仕切り壁についてご紹介します。

間仕切りとは

まずは間仕切りとは何かをご説明します。間仕切りとは、建物の部屋を仕切ること,またはその仕切りのことを言います。 壁を作る固定的なものやカーテンのような半固定的なもの,または移動式のものなどがあります。DIYでは移動式のものを作る場合が多いですが、もちろん固定的な間仕切り壁も作れます。

間仕切り壁のメリット

間仕切り壁のメリットには次のようなものがあります。

間仕切り壁のメリット 有効活用

間仕切り壁のメリットは、部屋の有効活用になることです。家の部屋数は限られており、簡単に増築や改修をすることができません。しかし部屋に間仕切り壁を作ることで、今ある部屋を2つや3つにわけることができます。部屋の空間を有効活用することができますね。

間仕切り壁のメリット 経済的

間仕切り壁のメリットは、経済的であることです。DIYで部屋に間仕切り壁を作る場合、ホームセンターなどでほとんどの道具や材料をそろえることができます。業者に部屋に間仕切りの壁を作ってもらうと、何十万円とかかります。DIYの場合は数万円程度で済みますし、道具などは後々しないといけない間仕切りの壁のメンテナンスに再度使えるので、それを含めDIYで部屋に間仕切り壁を作ったほうが安くなります。また今は昔に比べて道具も安く手に入ります。女性用や子供用の道具もあり、家族ですることもできますね。

間仕切りのメリット ライフスタイルの変化に合わせられる

間仕切り壁のメリットは、ライフスタイルの変化に合わすことができることです。結婚して子供がいないとき、子供がまだ小さい時、子供が大きくなった時、家族でいるとその時々でライフスタイルが変化します。子供が小さいときは先に寝かせるために仕切りがあったほうが便利でしょう。また子供が大きくなれば、子供部屋などが必要になります。しかし部屋の数は限られているため、なかなかうまくいきません。そんなとき間仕切り壁があれば、ライフスタイルの変化に合わせることができ便利です。

間仕切り壁を作る方法

木材を使って間仕切り壁を作ることができます。その場合、「2X4(ツーバイフォー)工法」で行うのが一般的です。2インチ×4インチの角材を使って建物を建てるので「2X4(ツーバイフォー)工法」といわれています。このサイズの木材はホームセンターなどに行けば普通に売っています。というのも2X4(ツーバイフォー)工法は、既製サイズの角材で枠を作ることを特徴にしている工法で、そこに釘で合板を貼り付けて、組み立てていきます。まずは角材を使って四角形の枠を作ります。四角の枠に対角線になるように斜めに角材を付けるとより強度が上がります。枠組みができたら、数枚釘で合板を貼り付けて、壁を強化しましょう。その上から壁紙などを付けても良いですね。

まとめ

今回は、DIYで簡単にできる間仕切り壁を作る方法をご紹介しました。間仕切り壁をDIYで作るのはいろいろとメリットがあります。ぜひ間仕切り壁作りにチャレンジしてみてくださいね。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 「DIY女子」が流行語に2 DIY女子部3 女性向けDIY用品4 まとめ 「DIY女子」が流行語に DIY業界は比較的新しい業界です...