diy

DIY

スツールの作り方

スツールを作るのに必要なものは、①座面用木材、②脚用および貫用木材、③木ネジ、④木工ボンド、⑤インパクトドライバー、⑥ワックスあるいは木工用塗料、⑦クッション材、⑧カバー生地、⑨ガンタッカーです。⑦はウレタンやキルト芯、タオルなどが使えます。

まず脚を作っていきます。脚用および貫用木材をカットします。ホームセンターで自分の好みの長さに切ってもらうと楽です。カットした木材はやすりをかけて長さを微調整します。木材をワックスあるいは木工用塗料で塗装します。塗料が乾燥したら、脚用および貫用木材を縦横に組み、木工用ボンドでくっつけます。ボンドが乾いたら、木ネジを打ち込んでいきます。次に座面と脚を合わせてねじ留めします。座面の上にクッション材をかさねていきます。その上にカバーとなる生地をかぶせ、ガンタッカーで生地を固定していきます。最後に仕上げとなる生地をピンなどで打ちつけて完成です。

ベンチの作り方

ベンチにはさまざまなものがあり、さまざまな作り方が存在します。最も手軽にできるのはカラーボックスを使ったものでしょう。カラーボックスが土台の部分となり、その上にウレタンマットを敷いてクッションにすれば出来上がります。収納スペースもあって非常に使い勝手のいいベンチとなります。収納の部分はフタをして隠せば、カラーボックスであることもわかりません。

アイアン脚を使ったベンチも比較的簡単に作れる部類に入るでしょう。強度があってしっかりした天板と合わせれば、アイアン脚をビス留めするだけでできてしまいます。海外のDIY界隈で流行しているガス管を使ってベンチを作ることもできます。ガス管を組んで脚とし、天板に合わせてビス留めをするだけです。無骨で不思議な味わいのベンチができます。一方、木製ベンチは材料のカットや組み立て、塗装などに手間がかかりますが、木の暖かみのある雰囲気がとてもよいベンチとなるでしょう。

おすすめガンタッカー

■オリエントスクエア「ガンタッカー」

楽天ランキング1位を獲得したガンタッカーです。横約154mm×縦80mm×幅25mm、重量280gのコンパクトなボディで、幅12mm、高さ6~8mmのステープルが使用できます。アタッチメントをつければホッチキスとしても使用できます。

■若井産業「ガンタッカー G07」

幅10mm、高さ7mmのステープルに対応したガンタッカーです。グリップに安定感があり、ハンドルロック機構が付いているので収納に便利です。

■SK11「タッカーandホチキス TH-2 」

幅12mm、高さ6~12mmのステープルに対応したガンタッカーです。打ち込みとホッチキスの2通りの使い方ができ、コピー用紙であれば60枚まで閉じることができます。ハンドルロック機構が付いています。

まとめ

今回は、スツールとベンチを作る方法をご紹介しましたが、いかがでしたか? 椅子作りに難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。カラーボックスやアイアン脚を使えば比較的簡単にベンチを作ることができます。あるいは木材を使って手間をかけてスツールやベンチを作れば、きっと愛着のわくものができることと思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
お部屋の模様替えなどを行うDIY。雰囲気を変えたり、収納を作ったりいろいろなことを行います。でも壁に傷をつけたり、穴をあけたりするのが嫌なの...
diy
日曜大工人気
DIYでよく使われるのが木材です。いろいろな収納や家具のDIY、床やガーデニングのDIYには欠かせないものです。木材の種類には無垢材と言われ...
diy
日曜大工人気
壁をDIYする方法には、壁を作る方法と壁のタイプを変える方法があります。壁を作るのは何もない所から壁を最初から作っていく方法です。もう一つは...