ドリル

DIY

DIYでネジを止めるときには、ネジ穴(下穴)を先に開けるのが一般的です。そのため、ネジ穴(下穴)を開ける方法を知らないと、ネジをきちんと止めることができない可能性もあります。ここではそんなネジ穴の開け方についてご紹介します。

DIYでネジ穴を開ける道具 きり

ネジ穴(下穴)を開ける道具で最も一般的なものはきりです。きりにはその刃先の形で4種類に分かれます。きりの使い方は、きりの柄の部分を手のひらではさんで、くるくるもみながら穴を開けます。注意点は、真上からまっすぐ穴を開けることと、木材に対して垂直を保つことです。

三方きり

刃先の三方にギザギザが付いているきりです。2㎜~3㎜の穴を開けるのに適しています。木ネジのネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

四方きり

刃先が細くとがっているきりです。1㎜~2㎜の穴を開けるのに適しています。釘のネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

ネズミ刃錘きり

刃先に切り出しがありその切り出しで穴を開けます。少し大きめの穴でダボ穴のネジ穴(下穴)を開ける場合などに使います。

坪錘きり

刃先がカーブしているきりです。刃の幅とカーブの度合いで開ける穴の大きさが異なります。大き目の穴を開けるのに適しています。

DIYでネジ穴を開ける道具 電動ドリル

電動ドリルは、ビットという刃を付けて、穴を開けます。ビットにはいろいろな種類があるので、開けたい穴にあったものを選びます。家庭用のものであれば、値段もお手ごろで、力を入れずに穴を開けることができ便利です。

電動ドリルの使い方は、ビットを板に対して垂直に立てスイッチをONにします。垂直に体重を乗せるように力を入れていきます。刃先が出たところで止めましょう。

DIYでネジ穴を開ける方法

では、DIYでネジ穴を開ける方法を見ていきましょう。まずは三方きりか3㎜のビットがついた電動ドリルを用意します。角材や板材にネジ穴(下穴)を開けますが、角材や板材の端にあまりにも近いところに穴を開けてはいけません。角材や板材が割れてしまう可能性があります。最低でも端から10㎜は離れたところにネジ穴を開けましょう。

また、止める方の角材や板材にも穴を開けておきましょう。止める方の角材が固かったり、板材が薄かったりする場合は、ネジを止めているときにうまく止めれなかったり割れてしまう可能性があります。

ネジの種類

角材や板材などを止めるネジにもいろいろな種類があります。木材でよく使うのは、木ネジです。木ネジは、らせんがネジの途中までしかないのが特徴です。頭部の刻みはプラスとマイナスがありますが、DIYでは力を入れやすいプラスのものを使うのが一般的です。

また、木ネジと大きさも同じでよく似ている小ネジもあります。小ネジはらせんはネジ全体についており、先がとがっていないのが特徴です。特徴はあまりなく、逆にいうとどこでも、どんな素材にも使えDIYに便利なネジです。

まとめ

今回は、ネジ穴の開け方についてご紹介しました。

ネジにはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。しかしどのネジを使ってもネジ穴(下穴)を開けてからネジ止めすることに変わりはありません。ネジ穴の開け方を習得し、さまざまなDIY作品に役立ててください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
ママ友が家に遊びに来たときや、子供のお誕生日会、親せきがお遊びに来たときなどは、普段とは少し違う道具でおもてなしをしたいと思います。調味料な...
diy
日曜大工人気
キッチンの収納は意外と不便なことが多いものです。欲しい所に収納がなかったり、高さが合わずにあまり使わかったりすることもあります。そのため、普...