ペンチ

DIY

DIYでは、木材や板材をのこぎりでカットしそれを組み立てて作品を作ります。そのためのこぎりを使えないとDIYすることができません。実はのこぎりにもいろいろな種類があり、ホームセンターなどに行ってもどれを選んでよいか迷います。ここではそんなDIYの必需品、おすすめののこぎりについてご紹介します。

片刃のこぎりと両刃のこぎりDIYにはどちらがおすすめ?

まずはのこぎりの種類について見ていきましょう。のこぎりには大きく分けて、片刃のこぎりと両刃のこぎりの2種類があります。この2つののこぎりどちらがおすすめでしょうか。その名のとおり、のこぎりの片側に刃がついているものが片刃のこぎり、のこぎりの両側に刃がついているものが両刃のこぎりです。両刃のこぎりはのこぎりの両側についている刃の種類が異なります。

一般的には縦挽き用と横挽用の2つです。木目に沿って平行に切るときは縦挽き用を、木目に対して垂直に切るときは横挽用を使います。縦挽き用と横挽用は刃の大きさが違います。刃が大きい方が縦挽き用、刃が細かい方が横挽用です。DIYでは通常木目に対して垂直に切るので、横挽用の方をよく使います。

一般的にDIYで使うものは片刃のこぎりですが、細かい調整などをするのであれば、両刃のこぎりも用意した方が良いでしょう。

普通ののこぎりと替刃のこぎりDIYにはどちらがおすすめ?

のこぎりには刃を外せる替え刃式のものがあります。では普通ののこぎりと、替え刃式ののこぎり、どちらが良いのでしょうか?答えは替え刃式ののこぎりがおすすめです。理由としては、のこぎりの刃は定期的にメンテナンスが必要です。刃の切れ味が落ちてきたら、専用のやすりを使って刃を研ぎます。刃を研いで切れ味をよくすることを目立てといいます。そのため専用のやすりのことを目立てやすりということもあります。

替え刃式の場合は、切れ味が悪くなれば、刃を新しいものに交換します。刃のメンテナンスは慣れていないと難しいこともあるので、替え刃式ののこぎりを使った方が手間がかかりません。

また上述した縦挽き用と横挽き用。替え刃にもこの2つはあります。メンテナンスだけでなく、替え刃を取り換えることで、用途の違うのこぎりとして使うことができるので、その点でも替え刃式ののこぎりのほうが良いですね。

電動のこぎり

のこぎりには、電気を使って刃を動かす電動のこぎりもあります。電動のこぎりは力を入れず簡単に木材などを切断できるので便利です。通常ブレード(刃)も2~3種類ついているので、さまざまなDIYにも対応可能です。家庭用のものもありお値段も1万円未満のものが多く、お手頃です。切れ味が鋭いので取り扱いには注意が必要ですが、力の弱い女性でも簡単に使えるのでおすすめののこぎりです。

まとめ

今回は、DIY作品をきれいに作るための、おすすめののこぎりについてご紹介しました。

DIYでは、木材や板材をのこぎりでカットしそれを組み立てて作品を作ります。そのためのこぎりを使えないとDIYすることができません。しかしいろいろな種類があり、ホームセンターなどに行ってもどれを選んでよいか迷います。この記事を参考にぜひ自分にあったのこぎりを見つけてくださいね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
DIY
日曜大工人気
DIYで物置を作ると、作る人にとって使い勝手のよい物置を作ることができます。 市販品にない、使用目的にあった便利な物置の作り方をご紹介します...
マスキングテープ
日曜大工人気
壁と壁の間に渡して洗濯物を室内に干したり、洋服をかけて収納したりして使う突っ張り棒。簡単に付け外しができ、しかも取り付けるのにくぎやネジをつ...