ペンキ

DIY

DIYの基本・ペンキ塗り。ペンキ塗りを覚えると、新しく作ったDIY作品はもちろんのこと、購入した既製品の色を変えたり、昔から使っている家具を塗り替えできたりと、DIYではいろいろ便利です。ここではそんな簡単にできるペンキ塗りの方法をご紹介します。

簡単なペンキ塗りの方法その1 ハケの準備

ハケには大きくわけて5種類のハケがあります。今回は、一般的に使われるスジカイバケで説明していきます。ちなみにスジカイバケはハケの柄がハケのラインに対して45度に傾斜しているものをいいます。

実は、使っているハケよりも新品のハケのほうが毛が抜けます。そのため、使い始める前にあらかじめ抜ける毛を除いておく必要があります。

  1. まず袋などから出して目に付く長い毛を指でつまんで抜きます。
  2. ハケの柄を手のひらで転がし、その回転で毛を抜きます。
  3. 壁など少しざらついているところでハケを動かし、毛を抜きます。
  4. 最後にもう1度、目に付く長い毛を指でつまんで抜きます。

少し面倒ですが、ペンキ塗りをしているときに毛が抜けると、きれいに取り除くのは難しいので、新品のハケの場合は必ず毛を抜きましょう。

簡単なぺンキ塗りの方法その2 ペンキの準備

ハケの準備ができたら、今度はペンキの準備をします。ペンキには油性のものと、水性のものと2つがあります。油性の方が色が付きやすいですが、安全面を考慮しないといけないため、DIY初心者の方は水性のペンキを使いましょう。ここでも水性のペンキを使うほほうでご紹介します。

よく振ってから開ける

水性のペンキは着色成分が下に沈殿している場合があるので、開ける前には良く振る必要があります。左右だけでなく上下にも振りましょう。

ペンキを別の容器に移す

直接ペンキにハケを付けるのはやめましょう。ハケの毛が抜けたり、ハケについた汚れがペンキの中に落ちることがあります。最悪の場合ほとんど使っていないのに、ペンキの色が滲んで使えなくなることがあります。

ペンキの蓋をしめる

蓋をしめるときは必ず、縁に残ったペンキを取り除きましょう。

簡単なぺンキ塗りの方法その3 ペンキを塗る

ペンキの用意ができたら、いよいよペンキ塗りです。塗料は多くてハケの毛の2/3程度まで付けます。毛を全部塗料に浸すとつけすぎです。途中で垂れたり、色ムラの原因になります。容器の縁でハケについた塗料の量を調整しましょう。ペンキ塗りを簡単にするには、塗る範囲に適度に分けてハケでペンキを置きます。

置いたペンキをなるべく均等な薄さになるように広げていきます。このときのハケの動きは一定方向でなくても良いです。ある程度広がったら、今度は上から下へと一定方向にハケを動かし、ペンキを整えていきます。ペンキ塗りの基本は重ね塗りです。少し乾いたら再度上から同じようにペンキを重ねていきます。

どうしてもダマになる場合は、サンドペーパーなどで軽く削るのも良いでしょう。

まとめ

今回は、DIY作品へ簡単にできるペンキ塗りの方法をご紹介しました。

ハケの準備や、ペンキの準備などペンキ塗りをする前の準備も多くあります。ここでは記載しませんでしたが、大きい板材などにペンキ塗りするときは養生なども必要です。まずは基本のペンキ塗りからマスターしましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工
日曜大工人気
お部屋を可愛くしたいけど、インテリア小物を揃えようとするとなかなかのお値段がかかるから…と諦めてしまってる方はいませんか? そんな時こそ、イ...
日曜大工人気
イエス・キリストの復活祭として海外で盛大に祝われているイースターですが、最近では日本でもハロウィンやクリスマス同様少しずつ広まってきました。...