diy

DIY

棚や家具、カラーボックスなどを組み立てるDIY。このDIYで必ず使うのがねじです。
しかしねじ止めがうまくいかないと、板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりします。そこには失敗する原因があるのです。今回はそんなねじ止めの仕方についてご紹介します。

DIYでねじ止めがうまくいかないメカニズム

板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりするねじ止め。じつは失敗するのは当然なんです。ここでは、そのメカニズムについて見ていきましょう。通常ねじ止めは、木材と木材をピタッとつけて、ねじをドライバーや電動ドライバーを使って締めていきます。

ねじが進んでいくと、ピタッとつけていたはずの木材と木材の間が少しずつ開いています。ここで力ずくでドライバーや電動ドライバーでねじを回しても間は詰まりません。それはなぜでしょうか。これは全ねじや小ねじなど、らせんが全体についているねじの場合によく起こります。

ねじは締めていくと最初は下に向かう力が強くねじが進んでいきますが、ねじが進むにつれ、木材を上に押し上げる力も強くなっていきます。全ねじや小ねじなど、らせんが全体についているねじは、そのらせんにより木材を上に押し上げる力の強さが他のねじに比べて強くなるので、より木材と木材の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりするのです。

DIYねじ止めがうまくいく方法① 木ねじをつかう

ねじ止めがうまくいく方法としては、木ねじを使う方法があります。木ねじは、主に木製品に対して使うねじで、全ねじや小ねじと違い、らせんがねじの途中までしかないのが特徴です。頭部の刻みはプラスとマイナスがありますが、DIYでは力を入れやすいプラスのものを使うのが一般的です。

木ねじには大きく分けて丸頭と皿頭の2種類があり、丸く目立たせたいのなら丸頭、スッキリ見せるなら皿頭を使います。木ねじは、らせんがねじの途中までしかないまで、ねじを締め先に進んでいっても木材を上に押し上げる力が、全ねじや小ねじよりも小さいため、材と木材の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりすることが少なくなります。

注意点としては、耐久力も弱いということ。木ねじは、らせんがねじの途中までしかないので、上部はらせんに木材がからみついていないので、耐久性が弱く、長期間たつとぐらぐらしてくることがあります。

DIYねじ止めがうまくいく方法② クランプをつかう

耐久性を考慮して、全ねじや小ねじを使いたい場合は、オーソドックスな考えですが、木材が浮かないように木材と木材を押さえつけることです。そのためにはクランプを使うのが一番です。クランプとは、木材と木材を固定するための、ねじのついたコの字形の金具のことをいいます。クランプを使って固定すれば、全ねじや小ねじなどを使っても木材と木材の間が離れるということはありません。ねじの耐久性を考えた場合はこの方法が一番良い方法でしょう。

クランプがない場合は、下穴をあらかじめあけておくと、木材を上に押し上げる力を弱めることができますが、らせんへの木材のからみつきが少ない場合もあるので耐久性に問題があります。

まとめ

今回は、ねじ止めの仕方についてご紹介しました。ねじ止めがうまくいかないと、板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりします。しかしこれはねじ止めのメカニズム上、木材を上に押し上げる力が働くので、仕方がないものです。特に全ねじや小ねじを使っている場合はスキマができやすいです。一番良い方法はクランプを使って押さえつけること。皆さんもこの方法を試してください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
部屋の模様替えをしようと思うと、最初に思い付くのが壁紙の張替ですよね。クロスを張替えするだけで、お部屋の雰囲気は変わります。他にも、壁の色を...
diy
日曜大工人気
目次1 アンティーク木箱を作る2 おすすめ塗料&刷毛3 まとめ アンティーク木箱を作る 木材はアンティークっぽいものにします。木材をカットし...
日曜大工人気
腰を掛けたり、高いところのものを取るのに使ったりと結構いろいろ使える便利なスツール。カラフルなものならおしゃれに部屋のインテリアにも使えます...