DIY

棚や家具、カラーボックスなどを組み立てるDIY。このDIYで必ず使うのがネジです。しかしネジにもいろいろな種類があり、それぞれで特徴や使い方が異なります。

ここではそんなネジの種類をご紹介します。

DIYの基本 ネジの種類 木ネジ

木ネジは、主に木製品に対して使うネジです。らせんがネジの途中までしかないのが特徴です。頭部の刻みはプラスとマイナスがありますが、DIYでは力を入れやすいプラスのものを使うのが一般的です。ドライバーを使って締めていきます。

木ネジには大きく分けて丸頭と皿頭の2種類があります。丸頭と皿頭には頭の形以外に大きな違いはなく、丸く目立たせたいのなら丸頭、スッキリ見せるなら皿頭を使いましょう。

DIYの基本 ネジの種類 小ねじ

小ねじは、木ネジと大きさも同じでよく似ているねじです。しかし、らせんはネジ全体についており、先がとがっていないのが特徴です。木ネジと同じように大きく分けて丸頭と皿頭の2種類があります。ドライバーを使って締めていきます。

現在は、ほとんどの小ねじがプラスドライバー対応のものです。特徴はあまりなく、逆にいうとどこでも、どんな素材にも使えDIYに便利なネジです。

DIYの基本 ネジの種類 つまみネジ

つまみねじは、ドライバーなどの工具がなくても手だけ締めることできるねじのことです。例えば、つまみが蝶の形をした蝶ナットや蝶ボルトなどがつまみネジにあたります。蝶ナットは、簡単なDIYに使います。材質は鉄のものやステンレス製のものがあります。

通常は数十個のパック単位で販売されています。蝶ボルトは、建築・土木など少し大がかりなDIYに使う十分な強度のあるネジです。ステンレス製のものが一般的です。

DIYの基本 ネジの種類 六角ボルト

六角ボルトは、名前の通り頭部が六角形のねじです。一般的にはナットと一緒に使用される事が多いです。鉄材などに六角ボルトを刺し、逆側にネットを付けてつかいます。ボルトにはいろいろな種類がありますが、DIYでボルトというとこの六角ボルトのことを指します。

六角ボルトは、頭に刻みや穴がなく平らのため、ドライバーが使えず、スパナやレンチを使用して締めていきます。六角ボルトは金属製の板などを締める場合によく使われます。

DIYの基本 ネジの種類 六角穴付ボルト

六角穴付ボルトは、円筒形の頭に六角形の穴が開いているネジです。その六角形の穴に合う六角レンチを使い、締めていきます。他のネジより強い締め付けができることや、六角レンチがないと緩めることができないことが特徴です。六角穴付ボルトは機械や電気製品などで使うことが多いネジです。

DIYの基本 ネジの種類 アプセットボルト

アプセットボルトはネジの頭は、六角ボルトと同じく六角形ですがへこみと十字穴があります。これによりプラスドライバーやスパナなど複数の道具のどれかを使うことで占められる便利なネジです。複数の人が多く使い、付け替えが多いものに使うと効果的です。

エアコンの室外機や、DIYではフェンスなどに使うと良いでしょう。

まとめ

今回は、DIY作品をきれいに作るための、ネジの種類についてご紹介しました。

ネジにはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。その特徴を理解してDIY作品に使用すれば、とてもすばらしい仕上がりになるでしょう。この記事を参考にネジ選びをしてくださいね。

DIY

おすすめの記事