DIY

棚や家具、カラーボックスなどを組み立てるDIY。このDIYで必ず使うのがネジです。しかしネジ止めがうまくいかないと、板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりします。そこには失敗する原因があるのです。今回はそんなネジ止めの仕方についてご紹介します。

DIYでネジ止めがうまくいかないメカニズム

板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりするネジ止め。じつは失敗するのは当然なんです。ここでは、そのメカニズムについて見ていきましょう。通常ネジ止めは、木材と木材をピタッとつけて、ネジをドライバーや電動ドライバーを使って締めていきます。ネジが進んでいくと、ピタッとつけていたはずの木材と木材の間が少しずつ開いています。

ここで力ずくでドライバーや電動ドライバーでネジを回しても間は詰まりません。それはなぜでしょうか。これは全ネジや小ネジなど、らせんが全体についているネジの場合によく起こります。ネジは締めていくと最初は下に向かう力が強くネジが進んでいきますが、ネジが進むにつれ、木材を上に押し上げる力も強くなっていきます。

全ネジや小ネジなど、らせんが全体についているネジは、そのらせんにより木材を上に押し上げる力の強さが他のネジに比べて強くなるので、より木材と木材の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりするのです。

DIYネジ止めがうまくいく方法 木ネジをつかう

ネジ止めがうまくいく方法としては、木ネジを使う方法があります。木ネジは、主に木製品に対して使うネジで、全ネジや小ネジと違い、らせんがネジの途中までしかないのが特徴です。頭部の刻みはプラスとマイナスがありますが、DIYでは力を入れやすいプラスのものを使うのが一般的です。

木ネジには大きく分けて丸頭と皿頭の2種類があり、丸く目立たせたいのなら丸頭、スッキリ見せるなら皿頭を使います。木ネジは、らせんがネジの途中までしかないまで、ネジを締め先に進んでいっても木材を上に押し上げる力が、全ネジや小ネジよりも小さいため、材と木材の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりすることが少なくなります。

注意点としては、耐久力も弱いということ。木ネジは、らせんがネジの途中までしかないので、上部はらせんに木材がからみついていないので、耐久性が弱く、長期間たつとぐらぐらしてくることがあります。

DIYネジ止めがうまくいく方法 クランプをつかう

耐久性を考慮して、全ネジや小ネジを使いたい場合は、オーソドックスな考えですが、木材が浮かないように木材と木材を押さえつけることです。そのためにはクランプを使うのが一番です。

クランプとは、木材と木材を固定するための、ねじのついたコの字形の金具のことをいいます。クランプを使って固定すれば、全ネジや小ネジなどを使っても木材と木材の間が離れるということはありません。ネジの耐久性を考えた場合はこの方法が一番良い方法でしょう。

まとめ

今回は、ネジ止めの仕方についてご紹介しました。ネジ止めがうまくいかないと、板と板の間にスキマができたり、ぐらぐらしたりします。しかしこれはネジ止めのメカニズム上、木材を上に押し上げる力が働くので、仕方がないものです。特に全ネジや小ネジを使っている場合はスキマができやすいです。一番良い方法はクランプを使って押さえつけること。皆さんもこの方法を試してください。

DIY

おすすめの記事