ペンキ

DIY

家具や棚、引き出しなどを自分で作るDIY。多くの場合、仕上げに塗料を塗ります。しかし塗るため道具は種類が多く、DIY初心者の方はどれを用意したらいいか選ぶのは難しいです。ここではそんな塗るための道具についてご紹介します。

塗るための道具その1 ハケ

ハケには大きくわけて5種類のハケがあります。種類によって特徴があります。用途に応じて使い分けましょう。

スジカイバケ

スジカイバケはハケの柄がハケのラインに対して45度に傾斜しているものをいいます。通常DIYでハケというとこのハケのことを指します。

ローラーバケ

ローラーバケは塗料を塗るところがローラーになっているハケのことです。多くの塗料を1度にローラーに付けることができるので、より広い範囲を塗るのに適しています。

スポンジハケ

スポンジハケは、ハケの部分がスポンジになっているものです。スジカイバケのように毛になっていないので、ハケ目が付きにくく色ムラになりにくいのが特徴です。

平バケ

平バケは、ハケの柄がハケのラインと同じ方向のものをいいます。ハケの形は四角形で昔から使われているハケの1つです。

コテバケ

コテバケはコテのような形をしているハケです。ハケ目もないので、きれいに仕上げることができます。コテバケは塗料が垂れやすいので受け皿が必要です。

塗るための道具その2 バケツ

DIY作品に塗料を塗るときは、バケツに塗料をいれ水などで濃さを調整します。そこにハケをつけて色を塗ります。塗料をいれるバケツは、100円ショップやホームセンターなどで売っている汎用品を使って問題ありません。

ただしローラーバケを使うときは、ローラー用のバケツが必要です。ローラー用のバケツは、網目状のネットが付いているバケツです。この網目状のネットでローラーについた塗料の量を調整します。

塗るための道具その3 塗料

塗料にはいろいろな種類がありますが、通常はホームセンターで売っている一般の塗料を使用すれば問題ありません。塗料には水性塗料と油性塗料の2つがあります。水性塗料は、主に水が使われている塗料です。対して油性塗料はシンナーなどの揮発性有機溶剤が使われています。

水性塗料は水が蒸発して、油性塗料は有機溶剤が揮発して色が付きます。一般的に油性塗料のほうが色が付きやすいといわれています。しかしその分値段が高く、換気をきちんとするなど注意が必要です。DIY初心者は水性塗料の方が扱いやすいかもしれません。

塗るための道具その4 やすりとニス

DIY作品に塗料を塗る場合は、最初にやすりをかけて表面を平らにします。やすりの代わりにサンドペーパーなどを使っても良いです。また塗料を塗ったあとはニスを塗ります。ニスはDIY作品の強度を上げる効果や、汚れにくくする効果があります。

塗るための道具その5 マスキングテープ

色をつけるDIY作品が大きい場合は、他に色が付かないように養生します。養生する道具で代表的なものはマスキングテープです。マスキングテープは粘着力が弱いので、作業後に簡単にはがすことができます。また広い範囲を養生するなら、ビニールシートなどで養生しましょう。

まとめ

今回は、DIY作品に塗料を塗るための道具をご紹介しました。

ハケとバケツと塗料の3つがあればDIYに色を塗ることができます。それ以外にもやすりやニス、マスキングテープなどの道具が必須です。しっかり道具を用意して、DIY作品に塗料を塗りましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事