棚

家具や棚などを組み立てて木工作品を作るDIY。そんな木工作品のDIY、初めてする場合は道具の種類や使い方を知っておく必要があります。ここでは、そんな初めてのDIY、木工作品を作る道具の種類や使い方をご紹介します。

DIY、木工作品の道具 ノコギリ

DIY、木工作品の道具その1は、ノコギリです。ノコギリには大きく分けて、替刃式の新建材用ノコと両刃の木工用ノコギリの2種類があります。DIYや木工作品で一般的にノコギリと呼ばれるのは、替刃式の新建材用ノコです。替刃式の新建材用ノコは、木目に対して直角に切断します。大きさもいろいろあるので、まずは自分に使いやすいものを選びましょう。

DIY、木工作品の道具 かなづち

釘やビスなどを打ち付けるかなづち。このかなづちもいろいろな種類があります。工作などで使うものは、後ろが釘抜きになっているかなづちが一般的です。DIYや、木工作品でも後ろが釘抜きになっているかなづちがあれば十分ですが、かなづちの後ろも叩けるようになっている両口のかなづち、ゲンノウがあればDIYや、木工作品で作れる作品の幅が広がります。ゲンノウの大きい口で釘を打ち付け、最後に小さい口でたたくと木材や板材の表面を傷つけず、釘が打てます。またゴム製のかなづちもあるので割れやすいタイルやレンガをたたくときはおすすめです。

DIY、木工作品の道具 かんな

かんなは、木材や板材などの表面を削り、平らにする道具です。DIYや木工作品では、木材や板材などの表面を削る作業は必ずでてきます。特に、家の扉や倉庫の壁などに使う大きい木材や板材の表面を削るときは、かんなが必須です。しかし、かんなは扱いが難しい道具のため

DIYや木工作品の初心者は、最初は練習が必要になるでしょう。

DIY、木工作品の道具 やすり、サンドペーパー

やすりやサンドペーパーも、かんなと同じく木材や板材の表面を削り平らにする道具です。

やすりやサンドペーパーは、棚や引き出しなど少し小さめのものを削るときに使います。

やすりは細かいところの研磨や調整を、サンドペーパーはもう少し大きいところの研磨や調整に使います。どちらも高いものではないので、両方用意して使い分けましょう。

DIY、木工作品の道具 塗料

塗料には水性塗料と油性塗料の2つがあります。水性塗料は、主に水が使われている塗料です。対して油性塗料はシンナーなどの揮発性有機溶剤が使われています。水性塗料は水が蒸発して、油性塗料は有機溶剤が揮発して色が付きます。一般的に油性塗料のほうが色が付きやすいといわれています。しかしその分値段が高く、換気をきちんとするなど注意が必要です。DIY初心者は水性塗料の方が扱いやすいでしょう。

DIY、木工作品の道具 ニス

ニスは棚や家具などの木工作品の仕上げに使います。見た目をきれいにするほか、強度を上げる、汚れにくくするなどの効果があります。ニスは用途によって、水性ニス・油性ニス・水性ウレタンニスがあります。用途に合ったものを選びましょう。

まとめ

今回は、初めてのDIY、木工作品を作るための道具の種類や使い方をご紹介しました。

基本的な道具は、1度が使ったことのあるものが多いです。ホームセンターなどに行くとそれぞれいろいろな種類のものがありますが、選ぶときは一番汎用性の高いものにしましょう。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
縁台キットを使う 一から材料をそろえて縁台を作るのには手間がかかります。DIYで作ろうかなと思ってもどうしても敷居が高く感じてしまいます。そ...