DIY

家具や棚、引き出しなどを自分で作るDIY。多くの場合、仕上げに塗料を塗ります。通常はハケで塗料を塗ります。塗料やハケも100均で販売していますが、DIY初心者の方はどのように塗料を塗ったらよいかわからないことも多いでしょう。ここでは100均の道具でできる塗料の塗り方の基本についてご紹介します。

塗料の塗りかたの基本 100均で買えるハケの種類

ハケには大きくわけて5種類のハケがあります。種類によって塗料の付け方や塗り方が変わります。そのため100均でハケを買う場合は、まず5つの種類を確認してからにしましょう。
○スジカイバケ
スジカイバケはハケの柄がハケのラインに対して45度に傾斜しているものをいいます。通常DIYでハケというとこのハケのことを指します。100均でも一番取り扱われているハケです。

○ローラーバケ
ローラーバケは塗料を塗るところがローラーになっているハケのことです。多くの塗料を1度にローラーに付けることができるので、より広い範囲を塗るのに適しています。100均で取りあるかうものはサイズの種類も豊富なので、DIY作品の大きさにより購入するものを選びましょう。

○スポンジハケ
スポンジハケは、ハケの部分がスポンジになっているものです。スジカイバケのように毛になっていないので、ハケ目が付きにくく色ムラになりにくいのが特徴です。

○平バケ
平バケは、ハケの柄がハケのラインと同じ方向のものをいいます。ハケの形は四角形で昔から使われているハケの1つです。

○コテバケ
コテバケはコテのような形をしているハケです。ハケ目もないので、きれいに仕上げることができます。コテバケは塗料が垂れやすいので受け皿が必要です。

塗料の塗り方の基本 塗料の付け方

100均で用途に応じたハケと塗料を購入したらいよいよ塗料を塗ります。塗料の付け方は、ハケに毛があるかどうかで異なります。

○毛のあるハケの塗料の付け方
毛があるハケとは上述したスジカイバケと平バケのことを言います。塗料は多くてハケの毛の2/3程度まで付けます。毛を全部塗料に浸すとつけすぎです。途中で垂れたり、色ムラの原因になります。容器の縁でハケについた塗料の量を調整しましょう。

○毛のないハケの塗料の付け方
毛がないハケとは上述したローラーバケとスポンジハケ、コテバケのことを言います。こちらは塗料につけると全体的にしみこむので、どこまで付けるということはありませんが、それでもつけすぎはやめましょう。毛のあるハケより、色ムラがでにくい設計になっていますので、垂れない程度に普通につけて問題ありません。

塗料の塗り方の基本 ハケの持ち方

ハケには持ち方があります。通常は人差し指と親指の間にハケの柄を入れて持つ、鉛筆を持つような持ち方をします。ハケは寝かさず内側から外側に塗っていきます。力はあまり入れず、均等になることに注意しながら塗りましょう。
またローラーバケやコテバケなどは、長い柄を付けて壁面など、高いところを塗ることができます。その場合は、頭に塗料がかからないように少し斜め上にハケが来るような姿勢で、塗っていきます。このとき下から上に塗ることに注意しましょう。下から上に塗ることで、塗り終わりの塗料の飛び散りを防げます。また塗料をつけすぎると、壁面を上から下に塗料が流れて色ムラの原因になるので注意しましょう。

まとめ

今回は、100均の道具でできる塗料の塗り方の基本についてご紹介しました。ハケには、毛のあるものとないものがあります。それぞれで塗料の付け方が違うので注意しましょう。また塗料のつけすぎは、色ムラの原因となるので注意してください。100均の道具を使って、正しく塗料を塗りましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事